フローリングにフロアコーティングをすればメンテは不要になる

最近の住宅によく採用されているフローリングは、とても色々なメリットがあるものとして知られているのではないでしょうか。

畳と違って洋風な感じを醸し出す事ができるデザインであり、現代の社会にマッチしているデザインを手掛ける事ができるものとして知られているかも知れません。

更にこのフローリングに対してフロアコーティングをかける事によって、その使い勝手はとても良くなると考えられています。

自宅を建てた時は、自宅の全てがとても新しい為に何も感じないかも知れませんが、その家に長く住み続けていると、だんだんと色々な箇所が悪くなってくる事が分かります。

フローリングに関しても例外では無く、だんだんと劣化が進んできます。

その為に日頃からワックスがけをしていきながらメンテナンスをしていかなければなりません。

しかし、このような事は大切だと分かっていながらも、それがかなり面倒だと感じる事も多々あります。

しかし、一度フロアコーティングをしておけば、その後はメンテナンスフリーという事になります。

自宅を建てる事も決まりましたし、出来上がった自宅のフローリングに対してもフロアコーティングを施す事も決まりました。

これで全て準備万端だと考える事ができます。

我ながら、今回はとても良い選択をしたと考えられます。

自分でここまで褒めちぎるのも少々おかしな話であると思われるかも知れませんが、それだけ今回選択した私の考え方は、とても自身があります。

ご自宅を建てた後にフロアコーティングをするのかどうかは、はっきり言ってその家のオーナーが決める事です。

ですから、オーナーがどのような考え方を持っているのかによって、その選択も大きく事なる事が考えられます。

何故今回私がフローリングに対してコーティングを行なう事を決意したのかと言えば、大きな理由としてメンテナンスをする事が無いからという事が考えられます。

フローリングと言っても、できた当時の様子を維持する為には、定期的なワックスがけをしなければなりません。

しかし、仕事で忙しい私にはそのような暇が無いと考え、今回の決断に至りました。