フロアコーティングによる見た目の差で私たちが感じる事

私たちの好みは、人それぞれに色々なタイプがある事が分かります。

みなさんにも色々な好みがあって、それを他の方とお話ししてみると、その違いからお話がとても面白く感じるかも知れません。

自宅にフロアコーティングをするのかどうかで悩む事も、このように私たちがどのように考えているのかが大きく関わってくる事となります。

フロアコーティングを行ないたいと思う方と、そうでない方に大きく別れる事が多くあるのではないでしょうか。

できたての家であれば、新築感を出す為にフロアコーティングをしたくないという考え方を持っている方もいるはずです。

そのような方は、特にフローリングがテカテカに光っている方が新築感が出て、見た目にもとても感じが良いと考えている方なのかも知れません。

その一方で、できるだけコーティングをしていきたいと考えている方もいます。

そのような方は、逆にフローリングがピカピカ光る事をあまり良く思っていない方であると想像できます。

このように、微妙な考え方の差が色々な所に出てきます。

もしみなさんがご自分の家を建てたとしたら、その家をどのような状態で持ち続けたいと考えるでしょうか。

これまで私は自分の家を所有した事がありませんでしたから、あまりこのような事を考える余裕もありませんでした。

しかし、これから自分の家を建てる事になると、それだけで色々な事を考えてしまうものだと感じるようにもなりました。

特に私が今悩んでいる事として、フロアコーティングの事があります。

悩むと言っても、フローリングに対してコーティングを行なう事は既に決めています。

色々とメリットがありますから、私はそのメリットを十分に理解した上で決めた事だと自負しています。

ですから、この事については悩んでいませんが、ただフローリングの様子がコーティングをする事によって見た目に変化が起こる事を悩んでいます。

私はどちらかと言えばピカピカしたフローリングを好んでいて、フロアコーティングをする事で艶が無くなってしまうのではないかと感じていますが、よく調べると艶を残すコーティングもあると分かり、改めて私の早とちりである事が判明しました。